アンチエイジングとは、化粧品ではなく食べ物にて行うものでした。

美顔専門店 OKAOPLUS

10:00~21:00 日曜日(臨時定休あり)

アンチエイジングとは、化粧品ではなく食べ物にて行うものでした。

スキンケア,美容情報

2018/11/03 アンチエイジングとは、化粧品ではなく食べ物にて行うものでした。

アンチエイジングという言葉をよく耳にします。アンチエイジングとは、「抗老化」「抗加齢」という意味です。年齢を重ねるごとに、老化が進む身体や肌への懸念からこういった言葉が生まれたと憶測します。 

 

 

 

昨日、ある書店に足をはこびアンチエイジングについての記事を読みました。納得する文面ばかりでしたので皆様にも共有していきたいと思います 

 

 

 




 

 

 

 

化粧品でエイジングケアは不可能 

 

 

 

化粧品は、お肌を整える機能しか持っていません。エイジングケアと聞くと、たるみ・深いシワ・シミを無くしてくれる。そう希望を持って使用していると思います。しかし、化粧品でエイジングケアをするなど無理です。そんな機能を持っていないので。 

 

 

 

チリメンジワなど表皮層の水分量不足で起こるシワについては、保湿をすることでよくなる可能性は秘めています。 

 

 

 

しかし、化粧品にリフトアップ効果など求めてはなりません。化粧品の効果効能にリフトアップなど一切表記がないのですから。 

 

 

 




 

 

 

 

エイジングケアとは、いかに周りと違う生き方をするかが大切 

 

 

 

加齢というのは、周りと同じ生活をしていれば進むことでしょう。周りと同じ食事、周りと同じストレス環境。同じ職場の方が同じように老けていくのはそういった要因もあるかもしれません。 

 

 

 

皆、歳は重ねるものです。 

 

 

 

身体は老化します。これは、当たり前のことですね。なぜ、私たち人間は歳を重ねることに抵抗していくのでしょうか。理由は、身体の変化や肌の変化でしょう。今まで使用できていた関節がうまく上がらない。かつてはハリがあった肌がしぼんできた。など。
身体は当たり前に老化していきますが、心が追い付いていないのが現実ではないでしょうか。年齢は重ねるが、身体や肌を以下に若わかしく保つか。これが、エイジングケアなのです。言い換えれば、いかに保存状態をよくするかが大切なのです。 

 

 

 

エイジングに興味があるなら、抗糖化について調査すべし 

 

 

 

抗糖化とは、身体の糖化をさします。糖化は食事などから摂取した糖質がたんぱく質と結び付き、細胞や肌などを劣化させてしまうことを指します。さらに、糖化によってAGE(糖化最終生成物)がつくられ、多くの病気の原因となる可能性があるのです。 

 

 

 

糖化が進むと肌にハリがなくなり、水分量をすくなくなります。毛髪もハリやコシがなくなります。 

 

 

 

私たちの身の回りにあふれる糖たち 

 

 

 

ふつうに生活していれば、糖をさけて生活するのはとても大変なこと。それぐらい、私たちの身の回りには糖質が溢れています。
エイジングケアには、化粧品。ではなくて、実はエイジングケアには抗糖化を考えること。これが一番なのです。 

 

 

 

抗糖化の参考文献について 

 

 

 

今回私が読んだのは以下の著書です。少し難しい表記もありますが、勉強になると思いますので是非読んでみてくださいね。 

 

 

 

まとめ 

 

 

 

周りと老化に差を作りたいのであれば、抗糖化について調べてみましょう。そして、出来るだけ糖の摂取を控えていつまでも若わかしい肌を保ってくださいね。 

 

 

 

TOP