調整豆乳と無調整豆乳どちらが良いの?

美顔専門店 OKAOPLUS

10:00~21:00 日曜日(臨時定休あり)

調整豆乳と無調整豆乳どちらが良いの?

スキンケア,美容情報

2019/02/11 調整豆乳と無調整豆乳どちらが良いの?

豆乳を購入しようとスーパーに行くと,沢山種類があり迷います。身体や肌に良さそうだからと豆乳を飲んでいる女性は多いです。

 

やせ型のお客様で女性らしい身体を目指している方に豆乳を必ずお薦め致します。やせ型の方は、自分の身体にコンプレックスを抱いている方が多く、少しでもお尻や胸にお肉をつけたいと願っていらっしゃいます。

 

ということは、普通体系もしくはぽっちゃり体系の方が豆乳を飲むと太るのか?と質問をされると個人差があると答えます。体重に関係なく、女性ホルモンアップにつながり胸が大きくなったり、お肌が綺麗になるメリットなどがあります。 

 

今回は、豆乳を飲もうと考えている方と既に飲み始めている方にオススメしたい豆乳をご紹介していこうと思います。 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

そもそも豆乳とは?

豆乳とは、大豆から作られています。大豆を水に浸す。その後、すりつぶし水を加えて煮つめた汁をこした飲み物です。女性ホルモンと同じような働きをするため、女性に人気の飲料として人気が出ました。 

 

最近は、牛乳よりも豆乳を好む女性も増えていますね。 

 

調整豆乳と無調整豆乳の違いとは?

ざっくり簡単に説明すると、皆様のお口に合う味に調整されているかどうかなんですね。
私は調整豆乳から飲み始めて、その後無調整豆乳に変えました。無調整豆乳の大豆そのままの味に驚いたのを覚えています。クセのある味でした。 

 

調整豆乳には私たちがおいしく飲める秘密があるのです。それは、香料・乳化剤・塩・砂糖が入っているためです。 

 

結局どちらが良いの?

どちらが良いかと言うと、目的によりけりです。例えば、豆乳を美味しく飲みたいのであれば調整豆乳がベストです。もちろん大豆がしっかりと含有されていますので豆乳の効果を感じて頂けます。しかし、欠点は太りやすいということ。 

 

最近は糖質カットのものも販売されているのでコチラを購入して糖質を避けるのもひとつの手法ですね。 

 

 

 

美容のために飲みたいのであれば、無調整豆乳がベスト。
理由は、原料が基本的に水と大豆だけだからです。余計なものが入ってない分、豆乳の効果をしっかりと感じやすい。しかし、デメリットは味の好き嫌いが別れてしまうことです。

 

豆乳の飲みすぎに要注意

 

 

豆腐・豆乳・納豆から摂取できる大豆イソフラボンの摂取量には気を付けてください。70~75mlが限度です。

 

 

 

 





 

▼OKAOPLUSの美容情報全記事はコチラ▼
https://okaoplus.jp/news/

 

 

▼無料LINE肌相談・エステご予約はコチラ▼

友だち追加

TOP