まぶたのかゆみが起こってもまぶたを掻いてはいけない理由

美顔専門店 OKAOPLUS

10:00~21:00 日曜日(臨時定休あり)

まぶたのかゆみが起こってもまぶたを掻いてはいけない理由

スキンケア,美容情報

2019/02/13 まぶたのかゆみが起こってもまぶたを掻いてはいけない理由

まぶたのかゆみが止まらず、無意識に目を掻きまくってしまっている方を見かけます。まぶたのかゆみが起こった時にまぶたを掻いてしまうと将来的に恐ろしいコトが待っています。 

 

まぶたの痒みが起こった時の対処法をご紹介していこうと思います。 

 

 




 

▼無料LINE肌相談・エステご予約はコチラ▼

友だち追加

 

 

どうしてまぶたに痒みが起こるのか?

まぶたの痒みは、アレルギーや過度なアイメイクによって引き起こされます。アレルギーの方に関しては、眼科医や皮膚科にかかることをオススメ致します。

 

しかし、アレルギーを持っていないにも関わらず、まぶたのかゆみが止まらないという症状をお持ちの方は、過度なアイメイクによってまぶたにかゆみを伴っている可能性があります。

 

まぶたに乗っているアイメイクを一緒に考えてみましょう。 

 

■日焼け止め 

■化粧下地 

■ファンデーション 

■アイシャドーベース 

■アイシャドー
(重ねて塗る方が大半) 

■ハイライト
(目じりのCゾーン) 

■お粉 

きわめて濃いメイクの方の例ですが、まぶた周辺はお顔の中でもメイク品を一番乗せている場所でもあります。 
 

さらに、アイメイクを行う際はチップやブラシなどを使用して乗せていきますよね。つまり、それだけまぶたに摩擦を与えてしまっているのです。 
 

ほおっておくと怖いまぶたのかゆみ

まぶたの痒みが起こった時に、力を入れてこすってしまうと将来的にまぶたの色素沈着が待っています。すっぴんでもまぶた周辺だけ真っ黒になってしまうのです。 
まぶたの痒みが起こった時は、かゆみがおさまるのを待つのが一番なのですが。そういうワケにはいかないでしょう。

 

まぶたのかゆみが起こった時、どうしても痒みを止められないのならば、冷やしましょう。

 

この時に、冷やすと聞くと保冷剤などを思い浮かべる方がいらっしゃいますが、保冷剤使用後に逆にかゆみが増しますので、お水で大丈夫です。

 

 

アイメイクをナチュラルにすると、かゆみがおさまる

 

アイメイクをナチュラルにすると、簡単にかゆみがおさまります。目元は、やはりバッチリメイクをしたいものですが、たまの休館日も必要です。 

 

将来的にまぶたの色素沈着を手にいれるのか、それとも今しっかりと対策をするのか。
皆様にもいまいちど考えて頂きたい部分でございます。
 
 




 

▼OKAOPLUSの美容情報全記事はコチラ▼
https://okaoplus.jp/news/

 

▼無料LINE肌相談・エステご予約はコチラ▼

友だち追加

TOP