夕方まで乾燥しないぷるっぷるの肌を手に入れる簡単な方法とは

美顔専門店 OKAOPLUS

10:00~21:00 日曜日(臨時定休あり)

夕方まで乾燥しないぷるっぷるの肌を手に入れる簡単な方法とは

美容情報

2019/03/23 夕方まで乾燥しないぷるっぷるの肌を手に入れる簡単な方法とは

夕方、休憩中に鏡を見ると肌がくすんでいる。

 

 

朝のスキンケア後はプリップリだったのにどうして?

 

 

と疑問になりませんか?

 

 

スキンケア後は肌が綺麗なのに時間が経過すると肌がくすんで見えてしまうのは何故でしょうか? 

 

 

 

 

夕方に肌がくすむ理由とは

肌のくすみは一般的に肌の水分量の低下が要因と言われています。

 

一般論である水分量の低下であれば、スキンケア後の水分量たっぷりの状態での肌色と夕方のくすんでいる状態での肌色では異なってくることが分かります。 

 

しかし、一般論に対して実際に接客を行い疑問点が生まれました。

 

その疑問点とは、“休日だとくすんでいる方が少ないということ。” 

 

休日にエステに来店する方は夕方でもくすんでいる方が少なかったように思えたのです。

 

メイクする時間も確認しておりましたが午前中にメイクをしたという方が大半です。 

 

つまり、くすみとは仕事中や午前中~日中に起こった何かが原因ではないかと考えたのです。
 

 

私が考える肌がくすむ大きな要因

私が考える肌がくすむ大きな要因とは、呼吸の浅さだと思うのです。

 

仕事中に呼吸を意識している方はかなり少ない。

 

VDT作業等になるとずっと画面に向かっているワケで呼吸の意識なんてしていられない。 

 

しかも、近くに上司や同僚がいるため呼吸を深く行ってしまうとため息ついているのかと勘違いされてしまう。 

 

呼吸は意識的に行わないと日に日に浅くなってしまいます。

 

深い呼吸を行わないと、身体全身に力が入り血行が悪くなります。 

 

くすんでいるのはお顔だけと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった方が朝の身体全体の肌の状態と夜の状態を確認してみてください。 

 

身体全体の肌のくすみも感じて頂けると思います。 

 

くすみをなくして朝と同じ肌色をキープしたいなら

 

くすみをが無く明るい肌色を1日キープしたい方は、呼吸の練習を行ってください。

 

呼吸の練習で一番おすすのは、ヨガです。ヨガは、呼吸に重点をおいています。 

 

呼吸が整うと肌色が明るくなり、くすみに悩むことはまずなくなるでしょう。 

 

そして、呼吸が整うと自立神経も整いストレスから解放されることでしょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP