アルコールは亜鉛やマグネシウムの喪失を増大させる

美顔専門店 OKAOPLUS

10:00~21:00 日曜日(臨時定休あり)

アルコールは亜鉛やマグネシウムの喪失を増大させる

美容情報

2020/01/26 アルコールは亜鉛やマグネシウムの喪失を増大させる

 

 

アルコールは、亜鉛やマグネシウムの喪失を増大させます。

 

 

日常的にアルコールを摂取している方は、これらのミネラルを補給しなければなりません。

 

 

亜鉛が不足してしまうと、たんぱく質の合成が上手く出来なくなってしまいます。また、貧血や、生殖機能の低下、脱毛症や、認知機能障害、皮膚炎、食欲不振などの症状が現れます。

 

食品添加物が亜鉛欠乏の原因になるとも言われております。アルコールを日常的に摂取する場合には欠乏しがちな栄養です。

 

 

マグネシウムが不足した場合、動脈硬化や不整脈が起こりやすくなります。また、吐き気や精神障害などの症状に繋がる場合もあります。最近では、長期的なマグネシウム不足は生活習慣病である、糖尿病や心疾患、骨粗しょう症のリスクが高まってしまうと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップ

オリジナル化粧品

メニュー

ご予約サイト

パーソナルスキンケアレッスン

地図

おすすめ商品

効果写真

スキンケアチェック

あなたに足りていない栄養素チェック

エステティシャン紹介

ダイエット

美容情報

LINE登録

お問合せ

ブログ

 

 

 

 

 

 

TOP