下書き(まぶた) https://www.megane-shufu.com/vod-hikaku

OKAOPLUS

下書き(まぶた) https://www.megane-shufu.com/vod-hikaku

お店情報

2021/06/08 下書き(まぶた) https://www.megane-shufu.com/vod-hikaku

まぶたの色素沈着が気になるけど、何をを選べばいいかわからない・・・

色素沈着には継続が命!予算を考えた色素沈着ケアを選んでいきましょう

 

 

少し前までは、まぶたの色素沈着は目の周りスキンケアに塗ってケアする外側からのケアが主流でした。しかし、最近は色素沈着を内面から綺麗にしていく方法が普及してきたため全身が焼けやすい方や目の周りが人より黒くなりやすい方も色素沈着ケアが簡単にできるようになりました。

 

 

ただ、スキンケアやまぶたの色素沈着ケアは種類が多くてどれを選べば良いかわからないですよね。

そんな方のためにまぶたの色素沈着ケア10選を比較しました。

 

 

目安の料金や各方法の注意事項なども説明しながらわかりやすく紹介していきます。

 

 

ハイドロキノン・トレチノイン


ハイドロキノン・トレチノイン治療はクリニックで行われるとても美白効果の高い治療です。一般的市場にもハイドロキノンが販売されていますが、クリニックで処方されているものよりも濃度が低くなっています。

 

ハイドロキノンには、シミを作り出さないようにしてくれる役割があります。トレチノインは、ビタミンAの誘導体です。レチノールとも呼ばれます。米国ではしわ・ニキビの治療医薬品としてFDAに認可されていますが日本ではあまり認知がありません。トレチノインには、表皮の細胞を分裂させ、皮膚の再生を促す効果があります。ハイドロキノンでシミを作り出さないようにしてトレチノインでできてしまった色素沈着をターンオーバーしていく治療になります。

 

価格:5000円~

(ハイドロキノン・トレチノインの濃度によって価格が変動致します)

注意事項:トレチノインは妊娠中・妊娠予定の方は使用できません。ハイドロキノン・トレチノインは非常に強いお薬になりますので、必ずクリニックや皮膚科で処方してもらいましょう。まぶたは皮膚が薄いため一度医師の診察を受診されることをおすすめします。

 

 

白玉点滴


全身美白点滴で有名な白玉点滴。ビタミンGとも呼ばれるグルタチオンという成分を配合している点滴です。クリニックにて受けることが出来ます。基本的に一度先生の診察が必要です。継続して通う場合は、毎回の診察が必要ないクリニックもあります。

 

 

グルタチオンはメラニンの生成を抑制し還元する効果があります。まぶたや目の周りの色素沈着が気になる方にはとても適しています。色素沈着の予防と改善に効果的です。表面の色素沈着はもちろん肌の奥に隠れた色素沈着にも働きかけます。

 

 

価格:6000円~

(アンプル数により価格が大きく変動します。)

注意事項:必ずクリニックで点滴を行いましょう。
効果実感:効果を実感するには、初めの1か月は週1回以上通う必要があります。その後は、月に1or2回通い続けると良いと言われています。

 

 

白玉点滴は、目の周りが黒いのを気にされている方、身体全体のくすみや色素沈着が気になる方にとても効果的です。

白玉フェイシャルトリートメント


白玉肌を目指すことで人気のグルタチオンを配合した美容液を活用したフェイシャルトリートメント。エステサロンで行えるエステティックサービスです。お肌全体のトーンアップと目の周りの色素沈着を気にされている方に満足できるメニューです。

 

価格:6,600円
効果実感:1か月に2or3回ご来店いただくことで効果を実感頂けます

▷白玉フェイシャルトリートメント詳細はこちら

 

 

クリニック処方


クリニックで目の周りの色素沈着を綺麗にするため美白に特化したお薬を処方してもらいます。飲み薬を継続して飲める方にとても適したまぶたの色素沈着ケアです。

 

主に色素沈着に対して処方されるお薬
トラネキサム酸:
皮膚のシミを薄くしていく効果があります。
シナール(ビタミンC):
色素沈着を予防する効果があります。
Lシステイン:
シミのもととなるメラニン色素の生成を抑えます。

 

▷WEBから簡単処方

 

 

アイメイクをしっかり落とすことが出来る


瞼に優しいクレンジングオイル聞くとアイメイクがしっかり落ちないのではと思われがちです。皆様はクレンジングの際にまぶたや目のキワのアイメイクがしっかりと落ちずに何度もクレンジングを行った経験はございませんか?瞼に優しいクレンジングオイルは、アイメイクとの馴染みも良く1回でするっとアイメイクを落としてしまいます。メイクは油性の汚れとなるため、クレンジングオイルとはとても相性が良く簡単にアイメイクを落とすことが出来ます。

 

 

アイメイクをしっかりと落とすことが出来れば、アイメイクが瞼に残ることなく刺激を軽減出来ます。まぶたが真っ黒になってしまう色素沈着は、摩擦や刺激から黒くなってしまいます。つまり、まぶたの色素沈着のケアにはアイメイクをしっかり落とせなければならなりません。つまり、アイメイクをしっかりと落とすことが出来るとまぶたの色素沈着をケア出来るということです。

 

 

アイシャドウベースで補正が必要なくなるまぶたに


まぶたの色素沈着が目立つがためにアイシャドーベースを使用している女性も多いのではないでしょうか?アイシャドウの仕上がりが悪く、全く綺麗に色が発色しない場合、アイシャドウベースで補正しておくとアイシャドウをしっかりと発色させることが出来ます。しかし、まぶたの色素沈着のために瞼に優しいクレンジングオイルを使用しケアすることが出来ると補正が必要なくなるぐらいまぶた全体の色味が均一になります。

 

 

アイシャドウベースが必要なくなると節約にもなり、まぶたへの刺激も軽減することが出来ます。また、色素沈着の要因となる摩擦もアイシャドウベースを塗布する際に起こってしまいます。つまり、まぶたに優しいクレンジングオイルを使用するだけでまぶたの補正が必要なくなります。

 

 

 

まぶたに優しいクレンジングオイルは油脂系がコスパ最強


油脂とは、マカダミアナッツオイルやオリーブオイルなどの動植物の油のことを指します。肌なじみがとても良い成分でアイメイクとの馴染みもとても良いです。人の皮脂と構成が似ているため、使用感の不快感が少なく毎日使い続けたいアイテムが多いです。油脂の中でも、お肌の皮脂の構成と近く不快感が一番少ない油脂が「マカダミアナッツオイル」です。

 

 

マカダミアナッツオイルを主成分とした油脂系のクレンジングオイルを使用すると、まぶたに優しくアイメイクをオフすることが出来ます。つまり、まぶたに摩擦や刺激を与えずにアイメイクをオフすることが出来ます。マカダミアナッツオイル主成分のクレンジングオイルはまぶたの色素沈着ケアにとても適したクレンジングオイルと言い換えることが出来ます。

⇨まぶたに優しい無添加クレンジングオイルはこちら

 

 

W洗顔不要クレンジングオイルが色素沈着を軽減?


クレンジング・洗顔を普段行っている女性が多いと思います。まぶたの色素沈着は摩擦が原因となって引き起こされます。クレンジング・洗顔での摩擦が要因となってしまっている場合が多々ございます。W洗顔不要のクレンジングオイルは名前の通り、洗顔が必要ないクレンジングオイルを指します。最近では主流となってきております。洗顔が必要ないため、またぶへの刺激も抑えることができ色素沈着を軽減することが出来ます。

 

W洗顔不要のクレンジングオイルはスキンケア時間を短縮しつつもメイクをしっかり落とすことが出来すごく評判の良いものが多いように思えます。さらに、洗顔が必要ないためスキンケアのコストも抑えることが出来る点が女性に人気の理由です。洗顔が必ずしも必要でない場合もあります。W洗顔不要のクレンジングオイルを使用することで洗顔が不要となり摩擦を軽減し、まぶたの色素沈着を軽減することが出来ます。

 

==================
超敏感肌専門フェイシャルエステサロン
OKAOPLUS

◆OKAOPLUSホームページ

◆公式オンラインショップ

◆公式LINE(エステご予約専用)

◆公式LINE(商品のお得な情報)

◆Instagram
【エステサロンOKAOPLUS】
【MINAP】

◆メルマガ登録
超敏感肌向けの肌を強くする
「スキンケアのウソ・ホント」

◆FACEBOOK

==================

TOP