40代でスキンケアを頑張ろうと決意した女性に向けたメッセージ

美顔専門店 OKAO+

40代でスキンケアを頑張ろうと決意した女性に向けたメッセージ

スキンケア,メニュー情報

2018/11/24 40代でスキンケアを頑張ろうと決意した女性に向けたメッセージ

カウンセリング風景

 

40代で子育てが一息ついた女性。ふと鏡をみると、20代や30代の時とは違う老けた印象。自分の顔に嫌気がさしてしまうかもしれません。少しでも若わかしく戻りたい。「そのためにはスキンケアを頑張らないと。」とエイジングケア製品などを購入される女性も少なくないはず。 

 

「40代からスキンケアを頑張っても良いの?」「意味あるの?」と不安に駆られるかもしれません。しかし、何かを始めることに早い遅いは関係ありません。 

 

スキンケアについても、40代だからと諦める必要は一切ありません。40代のスキンケアを頑張ろうと決意した女性にエステティシャンからのメッセージをご紹介していこうと思います。 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

40代でスキンケアを頑張ろうと決意した方へ 

 

40代のスキンケアは、特にシミ・リフトアップが主な目的となるかと思います。シミについては、ホルモンバランスの乱れにより起こる肝斑。紫外線の影響やストレスによる起こる老人性色素斑があります。シミとひとくくりにされていますが、種類が多々ございます。 

 

ホルモンバランスの崩れによって現れる肝斑については、トラネキサム酸の服用が効くと市場では謳われています。 

 

昔、私の母も肝斑に悩んでいた時にトラネキサム酸のサプリメントを服用していたのを覚えています。その時は、肝斑に効果を発揮できていなかったように思えました。 

 

それよりも、私と兄が巣立って子育てという闘いが去った後に母の肝斑が少し良くなったように観察して思いました。 

 

肝斑は、ホルモンバランスの崩れが主な要因です。20代の私が皆様に意見することは、おこがましいことではございます。肝斑に悩んでいる40代の方にひとつ伝えたいことがあります。「自分の感情に素直になって欲しい」ということです。 

 

肝斑が出来やすい方は、外から見ると明るくふるまっている方が多いのです。明るくふるまうことで、周りとの調和を取り、敵を作らないようにしている方が非常に多い。 

 

そのため、うちに秘めた感情がホルモンを乱してしまうのです。たまに爆発してしまう!いう方に多いように思います。 

 

秘めた感情を抑える必要はありません、「今日はケーキが食べたい」と思ったら食べたら良いし、「家事をしたくない」と思う日があれば家事をしなければ良い。 

 

人間はもともと怠惰な生き物で、怠ける日がなければ日々の日常は潤わないのです。
子供が巣立ち、自分の感情に素直に生きることができるようになった私の母は、毎日晩酌をしまくっているようです(笑)それで肌が綺麗になるのだから私は良いと思うのです。実家に帰ったときは、ハンドルキーパーをさせられる私です。 

 

周りの反応を気にするより自分の感情に素直に生きること。これが肝斑を綺麗にする最速の方法です。「家事をしなかったら旦那に叱られる」と思って家事をするのであれば、それは他人の人生を歩んでいると思うのです。自分の人生なので自分の感情に素直に生きる人生を歩んで欲しいと思います。 

 

その結果、スキンケアでは手に入れるとが出来ない若わかしい肌を取り戻すことが出来ますよ。必ず。

 

 

スポンサーリンク



 

 

TOP