クレンジングで変わる。まぶたの色素沈着は「油脂系クレンジングオイル」を選ぶべき理由

OKAOPLUS

クレンジングで変わる。まぶたの色素沈着は「油脂系クレンジングオイル」を選ぶべき理由

シミ・そばかす,スキンケア,美容情報

2018/05/25 クレンジングで変わる。まぶたの色素沈着は「油脂系クレンジングオイル」を選ぶべき理由

まぶたに優しいクレンジングオイルを選ぶことで、まぶた周辺がワントーンアップし色素沈着を気にせずに済みます。まぶたの色素沈着を気にせずに放っておくと目元が真っ黒になってしまいます。まぶたの皮膚はお顔の中でも薄い部分です。放っておくとどうなるのか?瞼が真っ黒になってしまって、もう手遅れになるかもしれません。では、対策はどうすれば良いのでしょうか?それは、「まぶたに優しいクレンジングオイル」を選ぶことです。まずは、クレンジングを見直してみることが瞼の色素沈着ケアの第一歩です。

 

 

「まぶたの色素沈着」の進行を抑えることが出来る


二の腕の内側や、太ももの内側と比較してお肌の中に黒ずみが起こっている部分はありませんか? 例えば、ヒジや膝の関節部分など。「紫外線を浴びていないのにどうして黒くなってしまっているのだろう? 」と疑問に思ったことはありませんか。色素沈着は、メラニン色素と呼ばれるシミのもととなる色素が肌に沈着してしまうことで起こります。色素沈着(黒ずみ)は、本来肌の生まれ変わりにより本来の肌色に戻ります。瞼のターンオーバーが遅くなり、ターンオーバーで対処できないほどの過剰なメラニン色素が発生してしまうとまぶたの色素沈着(黒ずみ)が起こってしまいます。

 

クレンジングオイルをまぶたに優しい商品に変えるだけで、黒くなってしまったまぶたの色素沈着をお家でケアすることが出来ます。アイクリームや美白製品などを購入しなくとも十分にケアできます。まぶたに優しいクレンジングオイルに変えるだけでまぶたの色素沈着の進行を抑えることができて他の製品を追加しなくて済みます。

 

まぶたの痒みを感じにくくなる


まぶたはお顔の中でも皮膚が薄い部分です。私たちのお肌は皮下組織・真皮・表皮という三層の構成になっています。表皮の一番外側には角層があります。角層では「バリア機能」携わっており、私達のお肌に最近やウイルスなどが侵入するのを防いでくれています。しかし、お肌に合っていないクレンジングを使用すると、瞼のバリア機能が低下し、肌の水分量が減少してしまいます。その結果、乾燥からまぶたの痒みを感じやすくなります。掻いてしまうと摩擦が要因となり瞼の色素沈着が更に目立ち始めます。

 

アイメイクの崩れを抑えることが出来る


日中にアイメイクが崩れやすい女性は、癖でまぶた周辺を触ってしまっているかもしれません。まぶたの痒みから目周辺を掻いてしまい、アイメイクが崩れてしまっているかもしれません。

 

さらに、まぶたを掻いてしまうクセがある女性は、まつげが抜けやすくなってしまいます。まぶたの痒みを感じにくくなることで瞼に摩擦を与えなくて済みます。そうすると、まつげが抜けにくくなるだけでなくアイメイクもキープしやすくなります。

 

植物油脂が主成分のオイルがまぶたに優しい


油脂とはオリーブ油や馬油といった動植物性の油のことで、人の皮脂とも組成が近く、お肌となじみの良い成分です。小量でも数千円する商品が多いので高価なところはデメリットですが、肌へのやさしさはダントツ。

 

まぶたに優しいクレンジングを選ぶことで瞼の痒みを感じにくくなり色素沈着の要因となる摩擦を避けることができます。

 

アイメイクをしっかり落とすことが出来る


瞼に優しいクレンジングオイル聞くとアイメイクがしっかり落ちないのではと思われがちです。皆様はクレンジングの際にまぶたや目のキワのアイメイクがしっかりと落ちずに何度もクレンジングを行った経験はございませんか?瞼に優しいクレンジングオイルは、アイメイクとの馴染みも良く1回でするっとアイメイクを落としてしまいます。メイクは油性の汚れとなるため、クレンジングオイルとはとても相性が良く簡単にアイメイクを落とすことが出来ます。

 

アイメイクをしっかりと落とすことが出来れば、アイメイクが瞼に残ることなく刺激を軽減出来ます。まぶたが真っ黒になってしまう色素沈着は、摩擦や刺激から黒くなってしまいます。つまり、まぶたの色素沈着のケアにはアイメイクをしっかり落とせなければならなりません。つまり、アイメイクをしっかりと落とすことが出来るとまぶたの色素沈着をケア出来るということです。

 

アイシャドウベースで補正が必要なくなるまぶたに


まぶたの色素沈着が目立つがためにアイシャドーベースを使用している女性も多いのではないでしょうか?アイシャドウの仕上がりが悪く、全く綺麗に色が発色しない場合、アイシャドウベースで補正しておくとアイシャドウをしっかりと発色させることが出来ます。しかし、まぶたの色素沈着のために瞼に優しいクレンジングオイルを使用しケアすることが出来ると補正が必要なくなるぐらいまぶた全体の色味が均一になります。

 

アイシャドウベースが必要なくなると節約にもなり、まぶたへの刺激も軽減することが出来ます。また、色素沈着の要因となる摩擦もアイシャドウベースを塗布する際に起こってしまいます。つまり、まぶたに優しいクレンジングオイルを使用するだけでまぶたの補正が必要なくなります。

 

まぶたに優しいクレンジングオイルは油脂系がコスパ最強


油脂とは、マカダミアナッツオイルやオリーブオイルなどの動植物の油のことを指します。肌なじみがとても良い成分でアイメイクとの馴染みもとても良いです。人の皮脂と構成が似ているため、使用感の不快感が少なく毎日使い続けたいアイテムが多いです。油脂の中でも、お肌の皮脂の構成と近く不快感が一番少ない油脂が「マカダミアナッツオイル」です。

 

マカダミアナッツオイルを主成分とした油脂系のクレンジングオイルを使用すると、まぶたに優しくアイメイクをオフすることが出来ます。つまり、まぶたに摩擦や刺激を与えずにアイメイクをオフすることが出来ます。マカダミアナッツオイル主成分のクレンジングオイルはまぶたの色素沈着ケアにとても適したクレンジングオイルと言い換えることが出来ます。

 

W洗顔不要クレンジングオイルが色素沈着を軽減?


クレンジング・洗顔を普段行っている女性が多いと思います。まぶたの色素沈着は摩擦が原因となって引き起こされます。クレンジング・洗顔での摩擦が要因となってしまっている場合が多々ございます。W洗顔不要のクレンジングオイルは名前の通り、洗顔が必要ないクレンジングオイルを指します。最近では主流となってきております。洗顔が必要ないため、またぶへの刺激も抑えることができ色素沈着を軽減することが出来ます。

 

W洗顔不要のクレンジングオイルはスキンケア時間を短縮しつつもメイクをしっかり落とすことが出来すごく評判の良いものが多いように思えます。さらに、洗顔が必要ないためスキンケアのコストも抑えることが出来る点が女性に人気の理由です。洗顔が必ずしも必要でない場合もあります。W洗顔不要のクレンジングオイルを使用することで洗顔が不要となり摩擦を軽減し、まぶたの色素沈着を軽減することが出来ます。

 

TOP