レーザーが本当に答えなの?そばかすを自力で消したい女性だけが見る記事

OKAOPLUS

レーザーが本当に答えなの?そばかすを自力で消したい女性だけが見る記事

シミ・そばかす,美容情報

2018/10/12 レーザーが本当に答えなの?そばかすを自力で消したい女性だけが見る記事

そばかすを自力で薄く

幼少期からある私のそばかす。消したいけど消し方が分からない。そもそも、そばかすって自力で消すことが出来るの?そばかすのケア方法をお探しの皆さまに朗報です。そばかすは、自力の徹底対策で薄くすることが可能です。実際に当サロンに通って頂いているお客様は、そばかすが薄くなりました。消すとまでとはいきませんが、そばかすは薄くすることが可能です。その方法をご紹介していこうと思います。この方法は、エステサロンであるOKAOPLUSにて提唱させて頂いているものです。




 

そばかすの原因とは?


そばかすは、色白の方に出来やすい肌トラブルです。幼少期から出来ている方は遺伝といわれています。10歳以降に現れ始めたそばかすについては、シミ(炎症後色素斑)の可能性がございます。そばかすが出来やすい方は、紫外線にめっぽう弱い。ですので、長時間直射日光に当たると赤みを帯びやすいのです。日光に弱いことに含め、ビタミンC不足なども含まれます。また、自力の間違った徹底対策にてそばかすが逆に消えなくなってしまう場合もあるため要注意です。

 

当サロンの実績


 

当エステサロンに通っていらっしゃるお客様で、幼少期からのそばかすが薄くなったお客様は多数いらっしゃいます。お写真で確認しても薄くなっていらっしゃるのが分かるかと思います。こちらのお客様が実践して頂いたのは、自分に合わせたスキンケア方法の実践のみです。徹底対策にて、そばかすを消すクリームなどを使用するワケでもなくそばかすを薄くされていらっしゃいます。

 

 

そばかすのケア方法


それでは、そばかすのケア方法をご紹介していきます。「そばかすを薄くしたいっ!!」と思っている方には必見の内容です。

 

摩擦を避ける


そばかすは濃くなったり薄くなったりします。実際にそばかすがあるお客様はわかると思います。私自身もそばかすを自力で薄くしていますので皆様の消したいという気持ち、すごく分かります。摩擦って関係あるの?と思われるかもしれません。めちゃくちゃ関係あります。そばかすが濃くなる要因に摩擦も含まれます。普段タオルでゴシゴシ拭いていませんか?クレンジングでお顔をこすっていませんか徹底対策や無理なそばかすを消すクリームなどが逆にそばかすを濃くしている場合があります。ほんの少し力を弱めるだけでそばかすが薄くなるかもしれません。消すことを目標にしていると焦って色々と徹底対策を試みてしまいますが、逆効果になりかねません。




紫外線を徹底対策


紫外線対策は、必須です。365日日焼け止め塗っていますか?紫外線は、365日降り注いでいます。お家の中でも紫外線を浴びています。365日日焼け止めを塗っている方が、本当に紫外線対策を出来ている方です。

 

冷えを取る


冷えは大敵っ!と仰る女性が増えてきました。実は、冷えはお肌にも多大なる影響を与えます。冷えを放置することは、そばかすを濃くすることだと認識してください。そばかすのメラニンを排出していくには、ターンオーバーを早めなければなりません。肌の新陳代謝です。肌の新陳代謝が遅くなるとそばかすは濃くなってしまいます。肌の新陳代謝をあげるには、身体を温めて血行を促進することが必要となります。具体的に、私がお客様に推奨している冷え対策方法をご紹介します。

 

貼るカイロを腰に貼る
寝る時は、湯たんぽで足先を温める
起床後、白湯を飲む
冷たい飲み物を避ける。

そばかすにレーザーは必要かどうか?


当エステサロンにご来店頂いていたお客様の中にもレーザーを受けていた方がいらっしゃいました。その方は、一旦は綺麗になったけど、またシミが目立ってきたしたとおっしゃっていました。「完全にそばかすを消したい。」という方にはレーザー治療をオススメします。しかし、注意してほしいことが一つあります。生活環境やスキンケア方法が同じであれば再発します。治療費を無駄にしないためには、治療後のケア方法を徹底しなければなりません。歯医者と同じで、どれだけ虫歯の治療を繰り返しても、歯磨きをきちんとしていなければ虫歯はできますよね?つまり、ホームケアや紫外線対策を徹底できる方であればレーザーを推奨いたします。

そばかすケアにぴったりの化粧品とは


そばかすを薄くするためにオススメしていたのは美白美容液です。クリームやパックなどは推奨しておりません。

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液

上記の順番で夜仕上げることを推奨しております。美白美容液はたっぷり使うのではなく気になる部分にだけ使用していきます。
 

そばかすの捉え方


私も幼少期は「そばかす 消したいっ!」と悩んでいました。しかし、外国人の教授から頂いた言葉があります。「そばかす、かわいいよ」と。この時に、自分のそばかすをネガティブポイントからチャームポイントに変えました。そばかすを消したい薄くしたいとネガティブに捉えずに、チャームポイントに変えることもひとつのケア方法なのかもしれません。

 




▼肌悩み別メニュー検索▼

 

 

 

TOP