現役エステティシャンは気付いてしまった、乳液が必要ないという事実に

541−0045 大阪市中央区道修町2丁目2番5号イヌイ第ニビル2階(SOHOBOX北浜内)

10:00~20:00 不定休(臨時定休あり)

現役エステティシャンは気付いてしまった、乳液が必要ないという事実に

お店情報

2018/11/12 現役エステティシャンは気付いてしまった、乳液が必要ないという事実に

化粧品

 

 

乳液は必要ない。界面活性剤だらけだからオススメできない。乳液の必要性が問われ始めているのがネットや本の情報からも確認できます。私が乳液絶ちしたのは、確か2年前です。2年前に乳液を辞めて変わった肌の変化をお伝えしていきます。

 

 

私が乳液を使用していた理由


私が乳液を使用していた理由は、「化粧水の水分にフタをする。水分蒸発を防ぐ。」と学んでいたからです。乳液は確かに化粧水よりもしっとりしている物が多く、化粧水の水分蒸発を防いでくれるように勘違いしますよね。
 

 

 

 

乳液を辞めて気付いたこと


乳液を辞めて一番実感したことは、「肌のかゆみがおさまったこと。」です。乳液を塗布後に、髪の毛やホコリなどが付着すると私の肌はかゆみを伴っていました。髪の毛のせいと思っていたのですが、乳液を辞めてから乳液が要因だったと気づいたのです。
 

 

 

 

乳液が肌を敏感にする理由


化粧水はほとんどが水ですね。これは周知の事実だと思います。水が主成分だから安心使用できるのだと思うのです。しかし、乳液については水と油を混ぜたものであります。混ぜるためには界面活性剤が必要ですね。化粧水よりも配合が多い分、敏感になってしまう場合があります。
 

 

 

 

水分蒸発を防ぐのはそもそも不可能


水分は蒸発するものです。なので、フタをしたところで蒸発を防ぐことなど出来ないのだと気づいたのです。化粧水で肌の表皮層の水分量を増やすことは可能です。しかし、肌の潤いは内面から期待するものだと思うのです。
 

 

 

 

まとめ


 

「肌のかゆみ」がある方で、乳液を使用している方は使用を止めてみてください。かゆみがおさまる可能性があります。もちろん肌の保湿には大切ですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

トップ

オリジナル化粧品

メニュー

ご予約サイト

パーソナルスキンケアレッスン

地図

おすすめ商品

効果写真

スキンケアチェック

あなたに足りていない栄養素チェック

エステティシャン紹介

ダイエット

美容情報

LINE登録

お問合せ

ブログ

 

 

 

 

 

 

TOP