ピンセットで抜いても綺麗にならない。小鼻の毛は自己ケアが一番危険な理由

OKAOPLUS

ピンセットで抜いても綺麗にならない。小鼻の毛は自己ケアが一番危険な理由

毛穴

2018/12/28 ピンセットで抜いても綺麗にならない。小鼻の毛は自己ケアが一番危険な理由

 

「小鼻の毛、産毛!」気になりますよね。中には、いちご鼻の要因が小鼻周辺の毛が濃いからだと勘違いしている方もいらっしゃいます。小鼻の毛を自己処理してしまうと何が起こるかというと、新しい産毛は前よりも濃くなってしまうのです。小鼻の濃い毛はどうやって処理したら良いの?と疑問をお持ちの方に向けて、小鼻の毛をカミソリで処理せずにいちご鼻をケアする方法をご紹介していこうと思います。

 

 




 

 

小鼻の毛を剃ると濃くなる理由


「小鼻の毛をカミソリで処理する。」この行為は、小鼻周辺を弱める行為です。自己処理は、お肌を弱める要因です。しっかりとお肌を柔らかくして、アフターケアをしている女性は少数派でしょう。毛はお肌を守るために存在します。つまり、毛が濃い部分は肌が弱い部分です。 例えば、陰部が分かりやすい例ですね。陰部は他の部分よりも肌が弱い。そのため、色素沈着なども起こりやすいですね。カミソリなどの処理によって刺激から弱まってしまった肌は、毛が濃くなってしまいます。上記にも書きましたが、肌の弱い部分に毛は生えるのです。

 

小鼻部分は触りすぎてしまっている女性が多い。弱まっている小鼻部分の毛をカミソリで処理してしまえば、次に生えてくる小鼻の毛は濃くなってしまいます。

 

関連記事:全身の毛穴ブツブツを無かったことに。正しい毛穴のブツブツのパーツ別ケア厳選




 

小鼻の毛といちご鼻


一度自己処理をすると小鼻の毛が濃くなります。剃るよりもカットに留めて欲しい。 まずは、いちご鼻の要因を知り、徹底したいちご鼻ケアを行って欲しい。勘違いが肌トラブルを誘発させるのは確かです。 小鼻周辺を弱らせてしまうことで、さらに毛が濃くなってしまう。そして、角栓詰まりと共に黒ずみが目立ってしまうのです。

 

小鼻の毛を剃らずに、綺麗にする方法は、毛の生まれ変わりを促すこと。そのためには、皮脂の分泌を正常にしなければなりません。皮脂が小鼻周辺に詰まってしまう要因は、小鼻の硬化がひとつ理由として挙げられます。また、余計なスキンケアの詰まりも小鼻の黒ずみの要因です。小鼻周辺が顔の他部分と比較して少し硬くなっていませんか?普段の皆様のスキンケア方法によって小鼻周辺は固くなってしまいます。

 

 

エステで小鼻周辺を柔らかくできるの?


エステティックには小鼻周辺を柔らかくするケアが出来ます。小鼻周辺を柔らかくすることで、皮脂の分泌を促し、産毛のターンオーバーを早めます。定期的にエステティックを受けて頂くことで小鼻周辺がつるつるに変わります。

 

関連記事:毛穴のエステって意味あるの?毛穴エステに行って綺麗になった女性

 

小鼻の産毛が濃くなる理由とは

小鼻の毛が濃くなる理由は、一度剃毛してしまったからです。カミソリによる自己処理は、毛を濃くしてしまう要因です。せめて、カミソリにて自己処理する場合はスチームやホットタオルで温めた後におこないましょう!加えて、小鼻周辺をしっかりと保湿してください。

 

関連記事:間違った洗顔方法が毛穴を目立たせる。あなたに合った洗顔とは?

 




 

▼肌悩み別メニュー検索▼

 

 

 

TOP