20代の女性が見直すべき、スキンケアのこと

美顔専門店 OKAO+

20代の女性が見直すべき、スキンケアのこと

スキンケア,肌トラブル,メニュー情報

2018/10/24 20代の女性が見直すべき、スキンケアのこと

カウンセリング風景

 

 

肌相談をくださる女性の大半が20代の方です。 

 

20代がどうしてこんなにも肌悩みを気にするのか、考えてみたのです。 

 

20代は、10代の時の自分の肌の記憶があるからなのだと思うのです。10代の時は何をしても綺麗だったお肌。そのお肌に20代なってトラブルが増えてきて、自分のスキンケアが分からなくなるのです。 

 

20代とひとまとめに言っても、学生の方、働き始めたかた、フリーターの方、家事手伝いの方、主婦の方、同棲中の方など様々なライフスタイルがある20代です。 

 

20代で自分の肌が分からなくなった。そういった方に考え直してほしいことを伝えていきます。今回は、実際に肌相談を頂いた方やOKAO+の20代のお客様のお悩みと、その質問への返答をご紹介していこうと思います。 

 

 

 




 

 

 

 

今まで全くスキンケアをしてこなかった20代の方のスキンケア

 

 

 

「私、今まで全くスキンケアや美容に興味がなかったのです。だけど、20代になってスキンケアをちゃんとしていこうと思うのですが、どんなものを使用したら良いですか?」 

 

美容に興味のある方は、小学生からメイクをし始めます。スキンケアについても小学生で行うことは、普通のコトになってきています。こういった方とは真逆の方もいらっしゃいます。20代で初めてお化粧を始める方。30代でスキンケアを真剣に考え始めた方。実際に私がお会いしたお客様の中にもいらっしゃいました。 

 

正直こういった方は、ラッキーです。どうして?と思いませんか。実は、お化粧を始めた年齢が早ければ早いほど、肌のターニングポイントが早くなるのです。つまり、老化スピードが早くなります。 

 

スキンケアを今までしてこなかったラッキー女子には、そのままでいいのだよ。と伝えたい。しかし、彼女たちの悩みは、主にシミなのです。スキンケアをしてこなかったということは、日焼け対策もしていなかった。そのため、毛穴トラブルについては、ほぼ皆無に近いのにも関わらず、シミが気になるのです。そこで、今まで全くスキンケアをしてこなかったという20代の方にこれからして欲しいスキンケアをお伝えします。 

 

これから行って欲しいスキンケアは、たった一つです。日焼け止めでの日焼け対策です。日焼け止めは、洗顔で落とし易く、クレンジング剤が不必要なものが好ましいです。日焼け止めと洗顔を始めましょう。乾燥が気にならないようであれば、化粧水も必要ありません。日焼け対策していれば、シミもいずれ気にならなくなるでしょう。 

 




 

 

 

 

仕事を始めて肌荒れし始めた20代の方のスキンケア

 

 

「仕事をし始めて肌荒れが止まらなくなりました。今までこんなにニキビが出来たことはありません。なんでですか?どうしたら良いですか?」 

 

仕事ってストレスなんですよ。先に言っておきます。仕事でストレスを全く感じない方なんていませんよ。どれだけ成功を収めている方でもストレスと伴に働いているのです。ストレスは、肌荒れの要因です。ストレスを感じると皮脂が通常より分泌されるのです。イライラした後の自分の顔を鏡でみて下さい。テカっているはずです。仕事を始めて肌が荒れはじめた方は、自分からのサインです。 

 

無理しすぎたのでしょう。肌が、「大丈夫?」と聞いてくれているのです。ちゃんと答えてあげなければなりません。環境を変えることが、一つのヒントだと思います。 

 

常にニコニコしてあまり怒らない人の肌がどうして綺麗なのかご存知ですか?そうです、彼女たちは「気にしない」のです。誰かが自分の愚痴を言っていても、誰かが自分の助けを必要としていても気にしないんです。かっこよくいえば、going my wayです。自分のやりたいことをやって、やりたいように生きている人の肌が綺麗な理由はそこにあります。 

 

私自身も、自分の嫌いなことをするとニキビが大量に発生します。分かりやすい身体です((笑)  

 

ユーストレスといって自分に必要なストレスは良いのですが、ディストレスと呼ばれる必要のないストレスをため込むと肌荒れを起こします。 

 

ユーストレスの例えは、受験勉強などです、受験勉強のストレスは知識という賜物を私たちに与えてくれます。ディストレスの例えは、いじめです。いじめを耐えて耐えて耐え続けるとどうなるのでしょうか。精神が崩壊し、最悪の場合、自らの命を絶つかもしれません。

ストレスには耐えて良いものと耐えてはいけないものがあります。その判断は、20代の皆さまであれば、きっとわかるはずです。 

 

話がスキンケアとは脱線してしまっていますが、仕事を始めてからの肌荒れはあなたの心からのサインです。まずは、仕事から離れる。有給休暇をとれるのならば取ってください。旅行にいけるのであれば行ってください。あなたの心は、想像以上に疲れています。スキンケアどうのこうのの前に、「休む」。これが答えです。 

 

大学生で化粧や不摂生で肌が荒れ始めた方のスキンケア

 

 

大学生となると、化粧をして鍋パして、クラブ行って、サークル行って、誰かの家泊まって、枕投げして。って感じですよね。(←偏見入ってます)もちろん、この生活を続けていれば肌荒れは避けられません。化粧も落とさず寝てしまうということもザラの大学生女子。20代の大学生女性に考えて欲しいスキンケアは、クレンジングの方法です。 

 

メイクは必ず落とすこと。そして、濃いメイクは、飲み会の日だけにしてください。お願いです。もちろん、いつ出会いがあるか分からないでの、常に濃くしたい気持ちは分かります。 

 

でも違うんです。ギャップ萌えを狙いましょう。 

 

「えっ?あいつ今日メイク薄いけどめっちゃ可愛いやん。」ってやつです。これこそ青春です。自分でこの記事書いていて、恥ずかしくなってきました。そろそろ終わりにしますが、20代の大学生の女性に考えて欲しいスキンケアは、クレンジングと薄メイクの方法についてです。 

 

必ず毎日化粧を落としてから寝ること。
メイクを薄くして、ギャップ萌えを狙うこと。 

 

スキンケアは、先に物を探すことに目がいってしまいます。しかし、20代の女性には、自分の肌と本気で向き合い、本当にその肌トラブルがスキンケアで解決できるのかを考えて欲しいです。 

 




TOP