「小顔を作るのは朝飯前。」と語るエステティシャンの小顔になる方法とは

美顔専門店 OKAO+

「小顔を作るのは朝飯前。」と語るエステティシャンの小顔になる方法とは

スキンケア,美容情報

2018/11/10 「小顔を作るのは朝飯前。」と語るエステティシャンの小顔になる方法とは

 

 

お顔の大きさを髪の毛でごまかしたり、小顔のグッズを購入してみたり。シェーディングで小顔効果を狙ってみたり。女性は小顔になるために必死です。当サロンにご来店頂いていた方は肌のケアがメインでしたが、小顔のトリートメントにて小顔に成功された方も沢山いらっしゃいます。私にとって、小顔を作るのは朝飯前です。(←急に自信家になって、すみません)。普段の生活習慣にて小顔を作ることが可能ですエステに頼らずとも。皆様に小顔になる生活習慣を共有していきたいと思います。
 

 

 

 





 

 

 

 

小顔のために正したい生活習慣3選
 

 

 

 

☑かみしめのクセをなくす
 

 

 

 

かみしめクセのある方は、身体は痩せているのに顔が大きいという方に多い。普段から身体に力が入り、奥歯でぎゅっと噛み締めてしまっています。小顔になるためには、脱力が大切です。奥歯に力が入っていると気づいた場合は、ふっと力を抜く。これを心がけてみてください。
 

 

 

 

☑マクラを変える
 

 

 

 

自分に合わない枕を使用すると、お顔は大きくなってしまうばかりです。お顔を小さくしたいのであれば、自分の首の高さを分析して自分の首に合った枕を購入していきましょう。少し高くても、自分に合った枕を使用するだけで小顔は叶います
 

 

 

 

※参考記事
美肌に命の睡眠。全然寝付けなくなった原因とは一体。

 

 

 

 

☑よく噛まない
 

 

 

 

食事はよく噛まないと太りやすくなりますよね。そのため、食事はしっかりと噛む方が多いように思います。しかし、お顔にぎゅっと力が入って食事を行ってしまうと噛む度に余計な筋肉が発達してしまいます。なので、食事はよく噛むけど、力を入れないということを意識してみてください。
咀嚼には普段そこまで力は必要ないはずです。 

 

 

 




ストレス社会の日本だから顔が大きくなる
 

 

 

 

日本はストレス社会。ストレスを感じた時は、全身に力が入ります。その結果、お顔の余計な筋肉が発達してしまい小顔が叶わなくなってしまうのです。
 

 

 

 

ストレスフリーは難しいかもしれませんが、ストレスがお顔を大きくしてしまっていることは知っておいて欲しいです。 

 

 

 

まとめ 

 

 

 

小顔は整形しないと無理!小顔グッズないと無理!と思われがちですが、意外と簡単に出来ます。小顔は誰でも叶いますし、骨格だからと諦める前に上記の小顔の生活習慣を実践してみてください。きっとすぐに小顔が叶いますので。
 

 

 

 




TOP