老け顔はデメリットがいっぱい?20代が意識したい若わかしい顔をキープする方法

OKAOPLUS

老け顔はデメリットがいっぱい?20代が意識したい若わかしい顔をキープする方法

小顔,美容情報

2018/11/27 老け顔はデメリットがいっぱい?20代が意識したい若わかしい顔をキープする方法

20代なのにも関わらず、友人から老け顔や疲れ顔とよく言われる。疲れていない時でも、「疲れてる?」「大丈夫?」と心配されてしまう。老け顔と聞くと大人っぽい雰囲気にも思えますが、老け顔の方にはある共通点がございます。その共通点と改善のためのアドバイスをご紹介していこうと思います。

 

 

 




老け顔の方は共通してほうれい線が目立つ


20代でほうれい線が出てきた方は焦ってください。かなり焦ってください。ほうれい線は放っておくと深くふかく刻まれてしまいます。早めに対処していかないと後々後悔します。20代でほうれい線が目立つ方の対処法をお伝えしていきます。ほうれい線は、お顔の筋肉量の低下により現れます。無表情の時間が多い方や、スマホ・パソコンを長時間使用している20代に目立ちやすくなっています。スマホや、パソコンは下向きでの作業になってしまうため、お顔の筋肉量の低下に繋がります。
 

ほうれい線を目立たせないために出来ること


20代でほうれい線が目立ち始めた方に挑戦して頂きたいことは、毎日口角をあげて生活をすることです。毎日口角を上げ続けることでお顔の筋肉量がアップします。口角を上げると、大頬骨筋が自然と鍛えられて頬が高くなります。その結果、20代でほうれい線が目立ちにくくなります。

 

 

スマホやパソコンには小さな鏡を付けること


スマホやパソコン作業中はどうしても無表情になりがちです。スマホやパソコンでの作業中の自分の顔をチェックできるように小さな鏡を付けておくと良いです。自分の表情を確認できるので口角が下がりにくくなります。

リフトアップテープは肌の刺激に

ほうれい線のリフトアップテープなどが販売されていますが、テープは肌への刺激になります。私はおすすめできません。そのため、テープに頼らずほうれい線を目立ちにくくするためには口角を常に上げておくこと。これが20代のほうれい線には一番効果的です。

 

 

 

タバコを吸う場合

タバコを吸う方は老け顔になりやすい。タバコを吸う方のお顔をスモーカーフェイスとも言います。タバコを吸っている方のお顔は共通して老け顔になりやすい。タバコはビタミンCを破壊します。ビタミンCにはシミを出来にくくしたり、コラーゲン生成の手助けをしてくれる作用があります。ビタミンCが不足してしまうと、ハリがなくなり、シワができ。シミやそばかすも人より目立ちやすくなってしまいます。

20代の老け顔の方におすすめしたい対処法

頭皮が固くなってしまい、20代で老け顔に悩む場合もあります。悪姿勢でのデスクワークや長時間ディスプレイを見つめるなど目を酷使している場合、頭皮が固くなります。頭皮が固くなると、お顔全体が下がつてしまいます。お家で出来る頭皮を柔らかくするアイテムを使用し頭皮を柔らかくしていきましょう。

 




 

 

 

 

 

 

 

TOP