痩せたければ食べなさい。食べれば痩せる理由とは

美顔専門店 OKAO+

痩せたければ食べなさい。食べれば痩せる理由とは

ダイエット,美容情報

2019/02/27 痩せたければ食べなさい。食べれば痩せる理由とは

OKAO+では食事指導を入れて1か月で3キロを落とす方法をお伝えしていました。実際に3キロ痩せた方も多くいらっしゃいます。   

 

1か月で3キロと聞くと食事制限をして、過酷な運動が待っていると思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。   

 

しかし、そういった一時的にしか変化しないような指導を私は絶対にしません。スキンケアレッスンもそうですが、皆様の知識となり今後の生活に役立つことしかお伝えしません。
習慣化できない対処的なものなど学んでも無駄だと思うのです。

 

私が指導する際に伝えていたコトをお伝えしていこうと思います。 
   

 

   

 

 

スポンサーリンク



 

 

   

 

体重が増える理由とは

 

体重が増える要因は、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るときに増えます。体重が増えると聞いて皆様の頭の中では脂肪が増えると勝手に置き換えられている可能性があります。   

 

これは間違いです。例えば極端にいうと、食べ放題で食べ物を沢山食べても体重は増えますよね。   

 

【脂肪が増えるから摂取カロリーを抑える】
と勘違いしている方が沢山いらっしゃいますが、摂取カロリーを控えすぎてしまうと逆に脂肪を蓄えてしまいます。   

 

身体は素晴らしい機能を持っています。少ないカロリーの中でやりくりしようと頑張ってくれるんですね。   

 

なぜ、少ないカロリーだと脂肪を蓄えるかというと、科学的根拠というよりも人間の行動心理に答えがあると私は思うのです。カウンセリングを通して。   

 

「今日はカロリー抑えたから運動とかしなくても良いっか。」   

 

とダイエッターの皆様は思うことでしょう。この考えが一番怖い。カロリー抑えているから大丈夫。と運動量を控えてしまうと脂肪が付き続けてしまうのです。   

 

結果、やせ型なのに脂肪まみれの身体が出来上がってしまいます。
こういった身体に共通する身体の変化が、冷えやすい。元気がでない。やる気が出ない。などなど・・・・思い当たる方も多いのでは? 
   

   

 

食べて食べて食べまくって運動するが正解

 

食べて動けば良いんです。食べないで運動しないを続ければ脂肪まみれになりますが、食べて動けば筋肉がつく。   

 

筋肉がつくときくと、ゴツくなるんじゃないか?と思っている方がいらっしゃいますが、ボディービルダーのような食事をしない限り、ゴツくなることはないです。   

 

むしろ、女性は引き締まって良いカラダになります。   

 

たんぱく質を摂取していきましょう   

 

身体の脂肪を燃えやすくするには、たんぱく質が必要。厚生労働省が推奨しているたんぱく質の摂取量を確認していきましょう。
   

 

たんぱく質の食事摂取基準  (推定平均必要量、推奨量、目安量:g/日、目標量(中央値):% エネルギー)

   

 

 

18~29歳女性の場合、推奨量が50gですね。50gのたんぱく質を摂取すためには、ざっくりとですが、ごはん一杯・鮭一切れ・納豆1パック・牛乳2杯。のイメージです。   

 

少食を美徳とするのは体調不良や、筋力不足を招いてしまいます。痩せたければ食べる。これを是非徹底して欲しい。   

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼お肌の無料相談はコチラ▼

 

友だち追加
 

 

TOP