かゆみを伴う身体の乾燥肌にボディークリームは必要かどうか

OKAOPLUS

かゆみを伴う身体の乾燥肌にボディークリームは必要かどうか

美容情報

2018/10/13 かゆみを伴う身体の乾燥肌にボディークリームは必要かどうか


冬場になるとひどくなる乾燥肌。寝る前にたっぷりのボディークリームを塗りましょう!! と雑誌などでも推奨されていますね。しかし、疑問に思いませんか?なぜ、ボディークリームを何度も何度も夜に付けているのに、翌日には既に肌が乾燥しているのでしょうかと。ボディークリームの意味あるの? そんな疑問にお応えしていきます。

 

 




ボディーが乾燥肌になる要因

 

 

ボディーの乾燥肌の要因は2つあると思います。 ボディーソープが合っていないか洗いすぎているが主な要因です。

「若いから水はじくね~っ」 と温泉などでお母さんやおばあちゃんに言われた経験がある方も多いはず。 実はこれは、間違い。本来、若くても年老いても肌は水をはじく。 では、なぜ年老くと肌が水をはじかなくなるのか。 要因は、バリア機能の低下とキメの乱れです。 長年ゴシゴシと入念に洗ってきた身体は、水をもはじかず乾燥肌に変化してしまうのです。→乾燥肌におすすめのボディークリーム代わりになる商品はコチラ

 

 

 




身体の洗い方

 

 

正しい身体の洗い方って、どうやるのっ? そう疑問に思われたことでしょう。 少し、お話が脱線しますが、陰部のにおいにお悩みの女性は多いですね。 実は、陰部のにおいは、綺麗好きなひとほど酷くなることがあります。 陰部をむやみやたらにボディーソープや専用ソープで洗うことは、常在菌を殺し、菌の繁殖を促します。その結果においがひどくなるのです。 私たちの肌は、本来自分で潤う力をもっています。 その力を殺してしまう身体の洗い方をすると乾燥肌になりボディークリーム依存症になります。

 

私のおすすめする身体の洗い方をお伝えしていきます。

ボディーのゴシゴシタオルを使用しない

 

 

ボディーソープを使用するのは、一週間に3日程度で。

 

 

なるだけ毎日湯舟につかる。(肌の生まれ変わりを促進)

 

 

泡タイプのボディーソープを使用することで摩擦を避ける

 

 

身体をバスタオルに拭くときはこするのではなく押し付けるように拭く。

 

 

40代の加齢臭を気にしている男性・超乾燥肌に悩んでいるボディークリーム依存症の女性

 

双方にこの洗い方を1か月実践して頂きました。
前者については、15日目で加齢臭が気にならなくなりました。男性の皆さんは首周辺をゴシゴシ洗いすぎです。
後者の女性については、最初はちゃんと洗えているのか不安だったそうです。しかし、一か月後、夜の掻きむしりがなくなるほど乾燥肌がよくなりました。ボディークリームについても一か月に5.6回しか塗布していないようです。

 

 

ボディークリームの必要性

 

 

ボディークリームは、本来は必要ないと思います。本来は。 しかし、身体の間違った洗い方による乾燥肌の方には、ボディークリームが必要かもしれません。 しかし、上記の洗い方を実践して頂くと、ボディークリーム程の保湿力を必要とせず、さらっとしたゲルや化粧水などで充分になります。

 

 

おすすめのアイテム

→乾燥肌におすすめのボディークリーム代わりになる商品はコチラ

乾燥肌の方は、ボディークリームを使用しなければならない。という固定概念に縛られてしまっていますが、そんなことはありません。化粧水でもゲルでも構いません。
実際に、私がおすすめしているのはオールインワンゲルです。ご家族で使用して頂けるのも推奨ポイントです。 再度これだけはお伝えしておきたいのですが、肌は本来自分で潤う力を携えています。なので基本的に、ボディーに何か塗る必要はありません。しかし、ボディーの乾燥肌がどうしても気になる。そういった方に向けたおすすめアイテムです。



TOP