頭皮のかゆみ。 頭皮の乾燥が原因かも?

美顔専門店 OKAOPLUS

10:00~21:00 日曜日(臨時定休あり)

頭皮のかゆみ。 頭皮の乾燥が原因かも?

肌トラブル

2018/10/14 頭皮のかゆみ。 頭皮の乾燥が原因かも?

 

 

「夜になると頭皮がかゆくなる」「フケのような小さい粉が落ちてくる」「抜け毛が増えてきた」などの頭皮トラブルが起こっている場合、頭皮の乾燥が要因かもしれません。 放っておくと頭皮のかゆみがひどくなってしまいます。髪の毛が育ちにくい環境となり髪が細くなったり、うねりやすくなる可能性があります。 頭皮の乾燥を防ぎ、健やかな頭皮を保つ方法をご紹介します。

 

 

 


 

頭皮のかゆみの原因とは?

 

 

頭皮のかゆみが起こる主な原因は、乾燥です。 頭皮を掻いていると、白いフケのようなものが落ちてきていませんか?  これは、頭皮が乾燥している証拠です。通常、頭皮には皮脂が分泌され皮脂膜と呼ばれる膜があります。 この皮脂膜が機能してくれないと、頭皮の水分を保持しにくくなります。 つまり、乾燥しやすい状態になります。 なぜ、皮脂膜がうまく機能できなくなるのでしょうか? 要因は、紫外線や洗いすぎが挙げられます。

頭皮に優しいシャンプー方法

 

 

頭皮に優しいシャンプー方法を実践し、頭皮の皮脂膜を保護していきましょう

 

ブラッシング

 

 

頭皮についた余計なフケやほこりを入浴前に落とします。できれば、プラスチック製のものではなく木製のものの使用をオススメします。

 

シャンプー前にシャワーで汚れを落とす

 

 

シャンプーを付ける前にシャワーで頭皮の汚れを落とします。約30秒~1分程度、シャワーだけで髪を流します。

 

泡立てたシャンプーで頭皮をもみ洗いする

 

 

シャンプーを泡立てネットなどでしっかりと泡立てます。 もこもこの泡を髪の毛全体に乗せて、もみこむように頭皮を洗います。 爪を立てずに指の腹を使用していきましょう。

 

洗い残しがないようにしっかり流す

ぬるま湯のシャワーでしっかりと頭皮を洗い流していきます。熱すぎるシャワーの温度は皮脂膜にダメージを与えます。 洗い残しがないようにしっかりと流していきましょう。

 

頭皮の乾燥により、かゆみがおこった場合

 

 

頭皮が乾燥して、どうしてもかゆい。抑えられないほどの場合は以下の方法を実践してみてください。

 

指の腹でかく

 

 

頭皮のダメージを抑えることができます。

 

ブラッシングする

この際も、木製のものを使用していきましょう。

 

爪を立ててかいてしまうことは、かゆみを更に誘発させてしまいます。なるだけ頭皮の乾燥を避ける掻き方を実践していきましょう。

 

頭皮の乾燥を防ぐ紫外線対策

 

 

頭皮の乾燥を防ぐには、紫外線対策が必要です。 頭皮は直射日光を一番受けやすい部分です。もちろん髪の毛に守られてはいます。 しかし、わけめなどの頭皮の部分の紫外線対策は難しい。 頭皮が黄色くなっていたり、茶色くなっている方は紫外線対策を出来ていない証拠です。 本来の頭皮は白に近い。  紫外線対策を行うには、日傘や帽子が大切です。
冬場でもなるだけ紫外線から頭皮を守ることで、頭皮の乾燥を防ぐことが出来ます。

 

子供の頭皮の乾燥

 

 

お子様がいらっしゃる方は、お子様の頭を洗ってあげるため、乾燥やあかみなどに気付きやすい。

お子様の頭皮に乾燥やかゆみが出ている場合は、数日シャンプーをお休みしてあげてください。 お湯で洗髪をしてあげましょう。 あまりにかゆみがひどい場合は、シャンプーなどによって皮膚炎を起こしている場合があります。 シャンプーを辞めてもかゆみや赤みなどが止まらない場合は、皮膚科にかかることを推奨いたします。

 

TOP