小鼻の赤みを無くすためには、クレンジングを変えなさい。

美顔専門店 OKAO+

小鼻の赤みを無くすためには、クレンジングを変えなさい。

毛穴ケア,スキンケア,メニュー情報

2018/09/15 小鼻の赤みを無くすためには、クレンジングを変えなさい。

小鼻周辺の赤みやニキビに悩む女性は非常に多いですね。肝心な日に出来てしまうのが、小鼻周辺の赤みとニキビです。小鼻周辺の赤みやニキビは、見た目も気になりますが、かゆみや痛みを伴う場合もあります。小鼻周辺の赤みに良いといわれる化粧品を赤みのために使用してきたけど、小鼻周辺の赤みやニキビはひどくなる一方。

 

 

そんな悩める女性のために、小鼻周辺のの赤みとニキビを簡単にケアする方法をご紹介していきます。

 


 

 




どうして小鼻の黒ずみや赤み、ニキビが気になるのか?

 

 

小鼻の赤みやニキビが気になる原因は、触りすぎが要因です。頬を触れた後に小鼻に触れてみてください。
固さや柔らかさが違うはずです。小鼻周辺の方が少し硬くありませんか?

 

 

足裏やかかとの角質と同じで肌は摩擦や負荷を感じた部分は外的刺激から守るために固くなってしまいます。つまり、むやみやたらに小鼻に摩擦を与えることで小鼻周辺のトラブルを助長させてしまいます。そのためにも、あまり触りすぎないのが大切です。

「私、そんなに触れていないけどな。」と思った方もよくよく思い返してみてください。クレンジングや洗顔の時に、汚れが取れると思って小鼻
周辺を念入りに力を入れてクルクルと擦ってしまっていませんか?

 

実は、これも小鼻周辺の赤みとニキビの要因です。普段から小鼻周辺に摩擦を加えないよう努力をすることで小鼻周辺の赤みやニキビが気にならなくなる可能性があります。

 



 

 

小鼻周辺のトラブルが気にならなくなる普段のケア

小鼻周辺の赤みやトラブルを隠そう隠そうと、下地にファンデーションにとメイクを重ねるとトラブルは逆に目立ちます。
普段は日焼け止めとパウダーでの仕上げで十分です。小鼻周辺は他の肌の部分と比較して皮脂の分泌量が多いです。メイク品を乗せれば乗せるほど化粧崩れが目立ちます。小鼻部分は最小限のメイク品で抑えてください。

 

 

☑クレンジング

 

クレンジングは、優しく小鼻を撫でるようにメイクを落としていきます。
ぬるま湯で流し終えた後に小鼻周辺のザラつきが気になる方は、ホットタオルを活用して
いきましょう。清潔なタオルをラップにつつみ、約50秒程レンジでチンしするとホット

タオルの完成です。

 

 

ホットタオルを気化熱が覚めるまでお顔の上に載せます。

 

※参考記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☑洗顔

 

その後、洗顔を行います。

 

 

 

洗顔は、たっぷりの泡で行っていきます。以下の画像のイメージです。テニスボール一個分が目安
と言われています。両手にお椀を作って、そのお椀が泡でたっぷり作っていきましょう。

 

 

 

この泡にお顔をつっこみます。そして約10秒~20秒程度、泡をお顔の上で転がします。
転がした後は、しっかりとすすいでいきます。シャワーの場合は、ぬるま湯になるよう
設定してくだいさい。10秒は洗い流している時間も含んでいるので、かなり高速になります。
洗顔に時間をかけないことで、小鼻のニキビや赤みが気にならなくなります。

 

 

 

 

 

まとめ

小鼻の赤みは時間をかけて洗顔・クレンジングをすると悪化します。基本的なケアが出来て
いれば約2か月程度できれいになります。ピーリングや毛穴パックは以ての外です。
必要ございません。必要最低限の負荷で小鼻周辺の赤みをケアしていきましょう。クレンジングや洗顔での摩擦を避けることで、赤みが綺麗になっていきます。小鼻周辺の赤みの主な要因は摩擦です。まずは赤みを綺麗にしてその後、黒ずみやニキビを徹底的に綺麗にしていきましょう。

 




 

TOP