知っていますか?自宅でデリケートゾーンの黒ずみをピンクに変える簡単ケア

OKAOPLUS

知っていますか?自宅でデリケートゾーンの黒ずみをピンクに変える簡単ケア

シミ・そばかす,スキンケア,美容情報

2018/10/04 知っていますか?自宅でデリケートゾーンの黒ずみをピンクに変える簡単ケア

気になるデリケートゾーンの黒ずみ。専用ソープを使用し洗っているのに全く効果をなさない。デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性は多いです。遺伝的要素もあるのですが、自宅で行うデリケートゾーンの黒ずみケアや対処方法をご紹介していきます。




 

 

脱毛もしたのにどうして??


VIOの脱毛も全て完了し、毛が無くなったデリケートゾーン。残ったのは、デリケートゾーンの黒ずみ。毛が無くなったから、顕著になってしまった黒ずみ。こんなに黒いのは私だけかも?とお悩みの女性も多い。場所が場所だけに、友人に相談もしにくいし、ケアの仕方が分からないとお悩みの女性も多いのではないでしょうか?お悩みの女性に試して欲しい、クリームなど使用せずにデリケートゾーンをピンクに変えてしまう黒ずみケア方法をご紹介致します。

 

黒ずみの原因は刺激?


紫外線を浴びると肌が焼けてしまいます。その他にもお肌を黒くしてしまう要因がございます。それは、摩擦です。例えば、ヒジやヒザをの黒ずみを確認してみてください。関節は、他の部分よりも服の摩擦などによって黒ずみが起こりやすい。デリケートゾーンも自分のサイズに合っていない下着などを使用していると黒ずみに繋がってしまいます。

 




きつい下着による摩擦


自分のサイズに合っていない下着を常用使用していると、デリケートゾーンに刺激を与えてしまいます。自分の身体に合った下着を選び、摩擦を避けていきましょう。

  

  • 適当な自己処理


VIOを自宅でセルフ脱毛されている方も増えています。しかし、カミソリを使用する場合は除毛用のクリームを使用し摩擦を軽減させましょう。また逆剃りも刺激になり、デリケートゾーンの黒ずみを促してしまいます。デリケートゾーンを剃る場合は、必ず入浴後などのお肌が柔らかくなっている状態で行いましょう。加えて、適当な自己処理は脇などの黒ずみにも繋がってしまうため要注意です。

 

  • 乾燥の放置


皮膚にはバリア機能といったお肌を守る機能が携わっています。乾燥を放置し、バリア機能が低下してしまうと摩擦の影響を大きく受けてしまいます。主な乾燥の要因は、洗いすぎです。デリケートゾーンの臭いに悩みゴシゴシと洗ってしまうと乾燥してしまいます。その結果黒ずみが目立ってしまうという悪循環です。デリケートゾーンの臭いは食生活の乱れも関係していますが、洗いすぎも要因に含まれます。お肌にいる常在菌のバランスを崩すことで臭いが気になってしまいます。

 

デリケートゾーンの黒ずみはエステで綺麗になるのか?


民間のエステでは不可能です。また一般市場に販売されているデリケートゾーン専用のソープはアルカリ性のものが多く肌の刺激になりデリケートゾーンの黒ずみがひどくなります。さらに、臭いもひどくなります。良い菌が死んでしまい、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。美容皮膚科やクリニックでは、デリケートゾーンのホワイトニングが可能です。レーザーブライトニングを使用して黒ずみを綺麗にする方もいるそうです。




 

▼お肌のお悩み別メニュー▼

 

 

 

TOP